プログラミングが出来て当たり前

  • URLをコピーしました!

2025年の大学入試共通テストに「情報」の科目が新設されることがわかっています。

現在ブロガーやYouTuberの間でもプログラミングを学ぼうといった内容の記事や動画がたくさんあります。

よって私は近い将来プログラミングは出来て当たり前になるのではないかと思います。

その理由を説明します。

目次

スクール上がりのプログラマーがゴロゴロいるから

最近、プログラミングブームでたくさんのスクールがあり、今では大学生が就職活動の一環でプログラミングを学ぶ人も増えています。

プログラミングスクールを卒業した初心者のプログラマーの人口も増えています。

ライバルはもう既にそこら中に存在しており、特別なスキルでもなくなって来ています。

Web開発に特化した言語(Ruby,PHPなど)を扱える人も徐々に増えてきています。

実務経験が無くても出来るWeb制作(HTML,CSSなど)を出来る人はもっと増えてきています。

WordPressでWebサイトを制作することも当たり前になってきています。

プログラミングが小学校で必修化するから

2020年から小学校でプログラミング教育が必修化されています。

2021年4月現在からは中学校でプログラミング教育が必修化されます。

2022年には高校でもプログラミング教育が始まり、大学入試にプログラミングが出題されるのも遠い未来の話ではありません。

つまり、今学校でプログラミングを学んでこなかった世代が一生懸命スクールを使って学んでいることが小学生、中学生でも出来て当たり前になります。

もはや特別なスキルでも何でもなくなる日はすぐそこに迫っているということです。

小学生でWebアプリやゲームアプリを作れるだけでも、今の20代、30代でプログラミングを学んだ人を簡単に追い抜いてしまいます。

クラウドソーシングで案件が取りづらくなっているから

今ではプログラミング学習をする人が増え、クラウドソーシングで案件を受注しても高単価で稼ぐことが難しくなってきています。

そもそも案件を取ることすらも難しく、レッドオーシャン化しています。

私もプログラミングを学び始めたのが28歳と早いわけではないので、クラウドソーシングサイトでプログラミングの案件がまだ取れていません。

案件が取れている人はプログラミングだけでなく、Webマーケティング力、営業力、デザインスキルがあったりと他のスキルを掛け合わせている人たちばかりです。

つまり、プログラミングスキル一択では仕事をとることも難しくなっています。

今現在でもプログラミングは出来て当たり前の状況なのです。

それでもプログラミングを学ぶことは大切

差別化しないのならプログラミングを学んでも意味がない、という人がいるかもしれません。

それでもプログラミングを学ぶことは情報処理能力や論理的思考力が上がり、国民にとって必須のスキルになるのではないかと思っています。

今から学ぶ人は収入アップの為にプログラミングを学ぶのではなく、まずは一般教養としてプログラミングを学ぶという認識で取り組むと学習が継続しやすく挫折しにくいです。

私も収入アップの為に学んでいたのですが、勉強を進めていくうちに教養を深める為に学んでいくほうが挫折しにくく勉強が継続できると感じました。

その過程で稼げたらラッキーくらいの気持ちで学習を継続しましょう。

私もまだまだプログラミングに関しては初心者なので、一緒にプログラミング学習を頑張っていきましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる